スポンサーサイト

posted by ち @ -------- (--) --:--:--  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の終わり @ a-nation'08 in 大阪 '08.8.24

posted by ち @ 2008-08-30 (土) 00:37:57  

8/24 ライブその1
ナナメってました @ a-nation'08 in 大阪 '08.8.24


※このエントリーはライブ本編の感想ですが
大知くんの描写はほとんどなくて本当にわたしの心をつらつら綴っただけです。
興味ない方は長いしスルーが無難です。笑。



大知くんの歌声はどうしてあんなに心を打つの?


前で見ることが出来て
初めて大知くんの登場の瞬間を見ることが出来た。
当日からしばらくは覚えてたけど今は既にうろ覚え・・・・悲しい。
やっぱり何でもすぐにメモしなきゃだね。

多分センターからの登場でした。
あぁ・・・・何もかも忘れちゃってるなぁ・・・・泣。


衣装は前日より少し細身なのかな?
よくわからないけどでも色は似てる少し暗めの赤いTシャツ。

ベストがなくてシルエット的には1番素敵でした。

でも色が暗くて地味かな。
D-ROCK diaryでもわかるけどマネージャーさんのTシャツが
多分一般的な赤で大知くんのは1段暗い色。

あのシンプルブームはいつまでつづくんだろう?笑。
私服はあのグレーのTシャツみたいにシンプルで十分素敵だったから
シンプルブームは私服だけで。笑。
衣装はやっぱ少し華やかにね。
三浦さんスターなんですから!!笑。


ライブそのものは何だかわからないけど感動してしまいました。

いつもといえばいつもなんだけど妙に心を打たれた。
昨日の涙とはまた違って歌声そのものに泣きそうになった。


Be Shiningでの伸びやかで楽しげな希望に溢れた大知くん。
Inside Your Headの少し大人びたセクシーさ。
Magicの涼やかな香り。


どれも最高でした。

いつものメンバーとはちょっと違う大知クルーとも
ピッタリと息が合って楽しそうに微笑みあいながら踊ってた。
愛媛も大阪初日もそこまで見ることが出来てなかったから
クルーとの掛け合いを肉眼で見ることが出来て嬉しかった。

声の調子が少しだけ悪くて2カ所くらいひっくり返っちゃったけど
お誕生日パーティーをしてもらった明けの日だしまぁご愛嬌。笑。
お風邪だったら心配だけど大丈夫だよね?


これまでの2回のエーネよりうーんと近いお席で
ちゃんと生で表情まで確認出来る場所。

他アーは結構前方を見て歌う人のほうが多いの。
近くで顔が見えるお客さんに微笑みつつ歌う人のほうが。

でも大知くんはすごく遠くを見てた気がした。
気のせいかな?

会場全体を見て、
もしかしたらあの大舞台で歌うことが出来てることを
幸運を噛み締めながら歌ってるのかなぁなんて思いながら見た。
それとも今座ってる人達をいつか全員立たせると誓いながら
未来を見てる目なのかもしれないなぁなんても思った。

そういう印象なくらい大知くんは会場全体をきちんと見据えながら
あの声がどこまでも届くように一生懸命に歌ってた気がした。

下手へ上手へ花道へ移動して
花道にはずいぶん長い時間いてくれた。
花道まで来ると本当にAブロックで見てるくらいに近くて
でもいつものライブよりも遠く、そして高い場所にいる大知くんが
また誇らしくなって心臓がキュンと苦しくなった。


わたしはずっと飛び跳ねてた。
Be Shiningでえんどーくんが目の前だったときも
えんどーくんに見えるといいなって思って
頑張っていつもより大きく手振りを一緒にした。
大知くんの声が響く天上に向かって人差し指を高く高くあげた。


Magicのときにはまた824で感じた太陽のない空を感じた。

昨日は実際に太陽が出てなかったから
そういうことは感じずにただ今年初のMagicに酔いしれて。

でもこの日はまだ太陽が出てたから
ギターの音色が聴こえたとたん会場全体が本当に涼やかに
夜の風を運んできてくれた錯角を起こして
満天の星空に流れ星を見たような気がした。

群青色の空気。
ふぅって吸い込まれるみたいな空気感。
素敵だったなぁ。

昨日よりもMagicでの「チョンチョン」は少なかったよ。笑。
みんなが座ってたからかもしれないね・・・・

Magicを紹介して最後の曲です!このあとも楽しんでください!
みたいなお決まりのMCを言うときには
いつもより少し名残惜しそうに感じた。

名残惜しかったのは大知くんじゃなくてわたしだったのかもしれないけど。

歌い終わったあとの大知くんはすごく楽しそうだった。
笑顔で、でもなんだかサイン会のときとは既に違って
本当に21歳のお顔になってると思った。
いつでもステージという場が大知くんを一歩大人にするのかも。

a-nation大阪のみんな座ってる客席に一礼して大知くんは帰っていった。

大知くんからは見えないけどわたしは力いっぱい手を振った。
力いっぱい拍手をした。

頑張った大知くんを見送って
あの大きな大きなステージにたった今まで立っていた
21歳の大知くんの残像を見ながら
わたしのa-nation'08と2008年の夏が終わった。


終了後やちゅこと再会をして大知くんを語り
やちゅこにInside Your HeadのCDをプレゼントして別れ
会場からひとりで歩いてるときに
本当はすごく見たかった東方神起が歌ってた。

「どうして君を好きになってしまったんだろう?」が始まって
タイトルだけで泣けてきた。

あれは悲しい歌だけどそのときのわたしには幸せなタイトルに思えた。

どうして大知くんを好きになったんだろう?なんで?
でも好きになってよかったと心から思える。
大知くんを好きでいることにあらためて誇りを感じて涙が出てきた。


大きく鳴り響いてるはずのトンバンの綺麗な歌声が
遠くで遠くで聴こえて
わたしの耳には大知くんのさっきの歌声が聴こえてきた。

また思った。
夏が終わったなぁと。

この頃にはもうかなり暮れかかってて
わたしが泣いててもあまり誰も気付かないと思ったので
あのステージをグルっとまわる長い道のりを歩きながら
いろんな思いが込み上げてきてまたずっと泣いた。


a-nationはまだあるし大知くんの夏もまだ続いてるけど
わたしの2008年の夏は去年と同じ8月24日に終わった。

去年の824のサプライズのあの青いサイリウムの光も思い出した。
揺れる1000のサイリウム。
幸せそうな大知くんのお顔。

大知くんは今年も幸せだったかな。
幸せだったよね。

きっとa-nationからたくさんのプレゼントをもらったはずと思う。
悔しい思いもたくさんしたけどそれ以上のプレゼントを
a-nationという大きな夏フェスはくれたと思う。
わたしはしっかりと受け取ったよ。

きっと・・・・・大知くんもだよね。
きっときっと・・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。