スポンサーサイト

posted by ち @ -------- (--) --:--:--  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年間を振り返る その1

posted by ち @ 2008-04-25 (金) 05:08:58  

2年間を振り返ってみようかな。


まずブログを始めた理由。

最初のエントリーにはmixiに姉がいて好きなこと書けないから。
みたいなこと書いたかな?

でも実はそれだけじゃありませんでした。
「外部」に意味があった。

外部なら大知くんが読んでくれるかもしれないから。

でもね、わたしの存在を知らせたいとかではないです。
そういう意味ではなくて・・・・・

大知くんに自信を持ってもらいたくて。

わたしが知っていた「三浦大地」は
いつも堂々としてキラキラ輝いていました。
小学生だしきっと怖いもの知らずだったんだよね。笑。

でも復帰後見た大知くんは・・・・どこか頼りなく
自分に少し自信を失いかけていた大知くんでした。

2006/07/01の恵比寿ライブで悩みを打ち明けているので
わたしの感じたことは多分間違いではなかったんだと思います。

2006年3月に復帰を知ったので
大知くん自身が少し悩み始める直前だったんだよね。
だからわたしはそれをなんとなく感じてしまったのかも。

大知くんからだけでなくファンからもそんな空気を感じました。
ネットサーフィンしても
休業中に熱心に待っていた方々はテンションを下げ
なんとなくマイナスの評判や雰囲気ばかりが
わたしの頭には残ってしまったんですよね・・・・・

でも三浦大知が本当に三浦大地より劣るのか?
三浦大地より輝いていないのか?
もし本当にそうならそれは仕方ないことだと思うけど
大知くんは確かに進化して戻ってきてくれていました。

大地に求めていたものが大知にはない。
それはすごくよくわかる。

だけど大地ではなくなった大知くんは
三浦大知としての新しい魅力満載で戻ってきてくれた。
その事実がなんだかあまり受け入れられていない気がして。

だからわたしは悔しくて・・・・・悲しくて・・・・
三浦大知が三浦大地より優れているということ
(もちろん大地には大地のよさがあってわたしは両方のファンですが)
大知くんが自信を失う必要は欠片もないんだということを
大知くんご自身に伝えたいと思ってこのブログを立ち上げたんです。


大知くんが自分自身の評判が気になって検索したときに、
いつも大知くんをすごいって言って、いつも好きって言って
いつも大知くんのことを親身に考えている人がいたら
若いまだ子供の大知くんはきっと素直に喜んでくれる。
そしてきっとそれが大知くんの自信になる。

若い男の子だからアーティストとしてだけではなく
男の魅力みたいなものもきっと気にすると思ったので(笑)
最初は恋してるふりも大袈裟にしてみたり
なんかホント・・・・・すごいいろいろ考えて
いろんな方法でいろんな種類の自信を持たせてあげたくて。
とにかく「考えたなぁ」って思います。

だから案外、いただく感想と自分の気持ちにずれがあったり
そんなことも多々ありました。

でもやっぱり「好き」「恋」だけじゃここまで書けないと思うよ?
心配で心配でほっとけないから書ける。
書かなくちゃって思うんです。

みなさんが「メロメロに恋してる」って思っている大知ファンのわたしは
多分誰よりもママだったんだと思う。
見守るだけじゃなく時々叱ったりもしちゃうスパルタママ。

だから去年「自分を信じて」っていうタイトルで3個も書いちゃった。
もちろん無意識でつけたタイトルでした。

今年3周年のとき3/30に「自分と歌の力を信じて」って
D-ROCK diaryに書いてくれましたよね。
すごく嬉しかったなぁ。頼もしいなって思った。


だけど現在・・・・・・・・
わたしはまたやっぱり不安で心配なんです。

大知くんのポジティブさの方向性が少し違うように感じてるから。

ポジティブなのは素晴らしいことだけど
少しのんびりしてるように感じて仕方ないのです。
これはもうあくまでわたしの感じ方なので
そう思わないみなさんにはごめんなさいですが。

自分を信じることを覚えた大知くんの今後はどうなるでしょうね?
その自信をもっとちゃんと活かせるのか?
それともそれが逆に彼から焦りを奪ってしまうのか?

わたしが今1番知りたくて心配ところです。


若い男の子を100%信じたりは正直出来ません。
信じることだけが愛じゃないとわたしは思ってるし
大人が出来ることってたくさんあるから
大知くんをいい方向へ導いてあげたいって思っています。

だけど実際はわたしにはそんな権利も力もない。
それを最近とても思い知って、ブログの無力さを思い知って
他人だということを思い知って。


2年前に「三浦大知を本来いるべき場所に導く」と誓ったあの野望。
今もまだ持っていていいのかわたしにはわからないです。

進むべき道に大きな岩があって遠回りをしなくてはいけないような
そんな気分なんです。
遠回りならまだいいのかな・・・・・塞がれてる気分?

いまのわたしに3年目は見えません。
このブログでやるべきことが見えません。


大知くん、わたしはどうすればいい?
わたしに出来ることはまだあるの?
それとも最初からそんなものはなかったの?

そう大知くんに問いたいけれど・・・・一生答えは聞けないんですよね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。