スポンサーサイト

posted by ち @ -------- (--) --:--:--  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心を支えるもの、平和への願い

posted by ち @ 2008-04-06 (日) 00:48:57  

大知くん、エイプリルフールはスルーでしたね。笑。

考えても考えてもいい嘘が思いつかなかったか、
もしかくはいつも日付ずらして後追いで書いてるからうっかり忘れたか。
どっちだろう?

わたしは前者だと思うんだよね。
大知くんは冗談でも何でも嘘がとっても苦手な気が勝手にしてるので。
うーん・・・でも案外凝り性だからそういう冗談の嘘は上手くて
単純に忘れてただけかしら?
みなさんはどちらだと思いますか?笑。

映画はわたしは見に行くチャンスがほとんどないので
ビデオが出るまでのお楽しみ☆
忘れないようにあとでどこかにメモっておかなくちゃ。


で、最近の映画はどー考えても大知くんのほうが詳しいんだけど
昔の映画でなら大知くんに何を見て欲しいかな?って考えてて
パッて浮かんだのが「フォー・ザ・ボーイズ」でした。




1番好きとかではなくて大知くん=歌なので
歌が満載の映画で好きなものを思い出しただけなんだけど。

わたし的なこの映画の見所はとにかく歌。
あとは時代背景と人々の生活。
その生活に重要だった音楽という存在。
そういうものに毎回すごく泣きます。
主人公ふたりの恋愛は人生模様を描いてる程度で見ます。笑。

わたしが好きな映画にはこのジャンルがあって。
戦争ものが多いけど、とにかく世の中が混乱している時代に
人々の心を支えるような存在になるもののお話。
そして平和への願いが込められていたりするものが好き。

「グッドモーニング・ベトナム」なんかもわたしの中で同じカテです。




フォー・ザ・ボーイズよりこっちのほうが有名だよね。
最近の子がどっちをどの程度知ってるかわからないけど
ルイ・アームストロングの「What a wonderful world」が流れるシーンは
すごく悲しいシーンでわたしは毎回号泣します。

歌はフォー・ザ・ボーイズ程ではないけど
ラジオから流れる60年代のアメリカンポップスも心地良くて好き。

こちらはテレビでもよくやってるし
大知くんもいつか普通に見る機会があると思う。

フォー・ザ・ボーイズは多分少し地味なのでテレビではないかも・・・
だけど周囲のおじさん達が薦めたりしそうと思うんだけど。
薦められて見てくれるといいなー!

きっと大知くんもわたしと同じで
主人公の恋愛とかメインになってるお話よりも
その背景の方に心惹かれる気がしてるので感想を聞きたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。